■日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おわり

今年も終わりですね。

大学を卒業して就職し、何かと忙しい毎日でした。
それでも、趣味として掲げた絵を描き続けてこれたのは、とてもうれしいことです。
そしてまた今年も、それを通して多くの方と出会えたことは本当によかった。
また来年も同じような幸せが得られるよう、のらりくらりとがんばりたいです。


おっと、まだ終わってなかったですね。
冬コミ二日目、天子/アリス合同誌が頒布されます。
表紙、ポスター、トートバッグとか、いろいろ担当しました。

手にとってもらえるとうれしいです。


それでは会場でお会いしましょう。
会場で会えない方も、来年こそお会いできれば!

10111400.png

(おかしいですね、先週完成予定の原稿が今日ようやく終わったみたいですが・・・)

 うわーん!!空気読め!!!!!

ゆめのはなし

 僕はあまり夢をみないほうなのですが、たまに恐ろしくヘンテコな夢をみます(→前回の夢)。最近はこういう変な夢を見るたびに、「布団の上で誰かに押さえつけられている」ような金縛りのオマケつき。やーん怖い。
 で、今日もそんな夢を見たのでメモ(たいして面白くも無いけど)。


 最近政府の方針で、銀色のナイフやフォークの使用を禁止するのだという。どうもその銀の成分が人体に悪影響らしいが、このままこの政策が続くと、いずれ世の中の銀色のもの、金属や機械がなくなってしまうだろう。そしてこの政策に従わないものは「処刑」される。
 知り合いや近所の人が「処刑」されているさなか、我が家も政府に従うつもりはないらしい。確かに従うとすればいずれ原始人のような生活を強いられることになるわけだが、なぜそこまでしても銀のナイフを手放さないのか。父と母を説得しても聞いてくれない。どうして?あと数日で我が家も「処刑」の対象となってしまうのに?
 なんとか助かる道はないものかと考えに考え、そしてようやく結論にいたった。そうだ、この政府の方針は、『母のジョーク』だったのだ。そうに決まってる。だいたい、銀のフォークナイフを使ったからといって「処刑」されるだなんてあまりにばかげている。どうしてそんな簡単なことに気がつかなかったんだ?ははは。



 ジョークであることに気がつくのに、なぜそれが夢であることに気がつかないのか?というのがオチ。

プロフィール



name:ガルベロス

比那名居天子とプログレッシブロックとMTGが主食。

[pixiv]
[twitter]

月別アーカイブ・カテゴリー

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。